心肺蘇生の方法として正しいのはどれか。
a 気管挿管後にCPR中の換気を3秒に1回の頻度で行った。
b 胸骨圧迫の中断が10秒以内となるように気管挿管を行った。
c 胸骨圧迫を1分間に150回のテンポで行った。
d 心電図が心室細動の症例にまずアトロピンを投与した。
e 倒れた人の呼吸の死戦期呼吸と判断したので、すぐに人工呼吸を行った。

回答
b

外傷初期診療について正しいのはどれか。
a 頸椎保護が気道確保よりも優先される。
b 頭部MRI検査で頭部外傷の評価を行う。
c 腹部レントゲン検査で腹腔内出血の評価を行う。
d 緊張性気胸では脱気よりも気管挿管を優先する。
e 体表損傷を観察するために脱衣を行い、体温を行う。

回答
e

縦隔腫瘍と好発部位の組合せで正しいのはどれか。
a 悪性リンパ腫——————御縦隔
b 胸腺腫——————中縦隔
c 神経原性腫瘍——————前縦隔
d 心膜嚢胞——————後縦隔
e 胚細胞腫瘍——————前縦隔

回答
e

腫瘍の診断におけるFDG-PET検査について正しいのはどれか。
a 撮像前の安静は不要である。
b 良性腫瘍では集積はみられない。
c 炎症性疾患では集積はみられない。
d 使用される放射性核種は99mTcである。
e 被検者の血糖値が高いと画質が低下する。

回答
e

インターベンショナルラジオロジーと対象疾患の組合せで正しいのはどれか。
a 下大静脈フィルター——————深部静脈血栓症
b ステント留置術——————肺血栓塞栓症
c 動注化学療法——————外傷性骨盤骨折
d 動注化学療法——————子宮筋腫
e 動脈拡張術——————消化管出血

回答
a

急性大動脈解離の確定診断に最も有用な検査はどれか。
a MRI
b 造影CT
c FDG-PET
d 12誘導心電図
e 胸部単純エックス線写真

回答
b

晩発性の放射線障害はどれか。
a 血小板減少
b 下痢
c 頭痛
d 白内障
e 皮膚紅斑

回答
d

放射線感受性が最も高いのはどれか。
a 悪性黒色腫
b 悪性リンパ腫
c 肝細胞癌
d 脂肪肉腫
e 腎細胞癌

回答
b

放射線感受性が最も高いのはどれか。
a 肝臓
b 筋肉
c 骨髄
d 神経
e 肺

回答
c

腹部超音波検査について正しいのはどれか。
a 腸管ガスが多いと観察しやすい。
b 腸重積ではtarget signを認める。
c 肝臓血管腫ではモザイクパターンを認める。
d 脂肪肝では肝実質のエコーレベルが低下する。
e 胆囊ポリープでは音響陰影を認める。

回答
b
ブログ管理人 Dr.Mush

予備試験を合格した体験から、同じ境遇の人たちに少しでもお役に立てればと思いブログサイトをはじめました。「全楽全勝」が座右の銘です。 一緒にこの山を乗り切りましょう!
PreExお知らせ
カンパ

会員サイト用のカンパページです。 カンパの説明